ミンダナオ日本人商工会議所ニュース

March 30, 2016

2016年3月31日、ミンダナオ日本人商工会議所を代表いたしまして、ミンダナオ国際大学の卒業式に参加致しました。

ミンダナオ国際大学は2002年に日本フィリピンボランティア協会によって、フィリピンダバオ市に設立された私立大学ですが、日本語専攻を設けており、日本と縁の深い大学です。

http://www.mkd.edu.ph/


弊商工会議所としても、日本語人材を多数輩出する同校に対しては関心が高く、地元日系人会と共に主催される日比祭りや、日本語スピーチコンテストなど、大学の重要行事には長年出席させて頂いております。


頂いた式次第によると、今年の卒業生の日本語能力試験の合格者の人数は以下のとおり。


N1・・・1名

N2・・・2名

N3・・・14名

N4 ・・・8名

N5・・・17名


上記合計で41名の学生さんたちが卒業されましたが、今年も卒業生の方々の晴れやかな表情が見られました。日本人商工会としましては、もっと大勢の卒業生が巣立っていってほしいものです。


さて、今年の卒業式、ひとつ例年と違ったのが、卒業式直後に「学生からのサプライズ」として突然ダンスが始まったことです。驚きましたが、さすがはフィリピン、エンターテイメント性は欠かせないようです。イメージ的には、ハリウッドのミュージカル映画で学生が卒業していくシーンを見ているようで、非常に楽しい思いをさせていただきました。


それはさておき、ミンダナオ国際大学第11期卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。皆様が今後、社会人として日系社会、フィリピンの地域社会に大きく貢献される日が来ることを願ってやみません。今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。



© 2021 by The Japanese Chamber of Commerce of Mindanao