ミンダナオ日本人商工会議所ニュース 2016年8月

July 31, 2016

弊会理事が2016年8月12日に開催された、労働省の派遣関係に関するセミナーに出席致しました。そこで得られた情報を皆様に共有いたします。

セミナーにおける焦点は、1)新規派遣会社登録受付の一時停止、2)*労働のみ提供の下請け契約の禁止の2点です。


まだ詳細は不明のままですが、2016年12月を目処に労働雇用省法令 ー D.O18A(DEPARTMENT ORDER.No.18-A.DEPARTMENT OF LABOR AND EMPLOYMENT. )が改正され、人材派遣に関し大幅な制限がかかる可能性があるとのことです。


上記に関しては資料がございますので、ご興味をお持ちの方は、下記をクリックしてファイルをダウンロードしてください。


資料①D.O 162-16 新規派遣会社登録受付の一時停止

資料②Lavor Advisory #10.Prohabition against Labor-only Contracting=労働のみ提供の下請け契約 の禁止


さらに、上記に付随し以下の様な説明もありました。

①今後DOLEのリージョナルディレクターが立ち入り検査する権限が与えられる。

②その立ち入り検査時に、派遣社員(Labor-only Contracting)を発見した場合、その従業員たちは、派遣先の正社員となる。

③立入検査は8月中旬以降順次実施。特に規模の大きいところから。

④12月1週目に改定D.O18-Aを発布する。恐らく利用企業に制限がかけられる可能性が高いと思われる。



© 2021 by The Japanese Chamber of Commerce of Mindanao